お支払い

 

 

 インフォメーション

 

 

 

 

 

 

 アクセサリー検索
キーワード
価格範囲
円〜

 

 

 

 

     NDロードスター RF

 

マツダは、この新しいロードスターについて、第1世代に回帰し、オープン・ライトウェイト・スポーツの基本的な楽しさを追求した、とコメントしている。そのことは、第3世代のロードスターよりもコンパクトに、そして軽量になったことからも窺い知れる。

デザインでは、魂動デザインを深化させ、乗る人の姿が際立つ美しいプロポーションと、オープンカーならではの気持ち良さを堪能できる外観、内装デザインを構築。また、歴代ロードスターの中で、最もコンパクトなボディサイズと、現行モデル比で100kgを超える軽量化を実現。

 

NDロードスターRFとは

 

NDロードスター

ロードスター試乗レポート

失った3つの伝統

注目!タイヤサイズ

動画YOUTUBE

 

   NDロードスターRF

 

マツダが3月23日、ニューヨークモーターショー16でワールドプレミアした『ロードスター RF』。
同車の公式映像が、ネット上で公開されている。
新型『ロードスター』は、ソフトトップのみ。しかし、先代ロードスター(NC型)では、2006年8月に「パワーリトラクタブルハードトップ」が設定された。
ニューヨークモーターショー16でデビューしたロードスター RFは、新型ベースのリトラクタブルハードトップモデル。
単に、ルーフをハードトップに変更するだけでなく、ルーフからリアエンドまでなだらかに傾斜するファストバックスタイルを採用。
さらに、独自のリアルーフ形状と開閉できるバックウィンドウによる新しいオープンエア感覚を実現した。
また、電動ルーフは、10km/h以下での走行中の開閉を可能とするフル電動式。
ルーフは限られたスペースにコンパクトかつ効率的に収納できる構造とし、ファストバックスタイルのデザインとソフトトップモデルと同じ荷室容量を両立させた。
今回、マツダが公式サイトを通じて配信した映像は、ロードスター RFの詳細を紹介したもの。スムーズに開閉する電動ルーフの動きが確認できる。

 

 

 

 

 

 

 

  新型NDロードスター    新型NDロードスターの試乗レポート

  新型NDロードスターで注目したいのは「タイヤサイズ」   4代目ロードスターがついに失った3つの伝統

 

 最新ロードスターニュースへ

  

 

 

アクセサリー・カテゴリー  インテリア・パーツ  エクステリア・パーツ