お支払い

 

 

 インフォメーション

 

 

 

 

 

 

 アクセサリー検索
キーワード
価格範囲
円〜

 

 

 

 

     新型NDロードスターで注目したいのは「タイヤサイズ」

 

マツダは、この新しいロードスターについて、第1世代に回帰し、オープン・ライトウェイト・スポーツの基本的な楽しさを追求した、とコメントしている。そのことは、第3世代のロードスターよりもコンパクトに、そして軽量になったことからも窺い知れる。

デザインでは、魂動デザインを深化させ、乗る人の姿が際立つ美しいプロポーションと、オープンカーならではの気持ち良さを堪能できる外観、内装デザインを構築。また、歴代ロードスターの中で、最もコンパクトなボディサイズと、現行モデル比で100kgを超える軽量化を実現。

 

新型NDロードスターで注目したいのは「タイヤサイズ」

 

NDロードスター

ロードスター試乗レポート

6つのポイントとは

失った3つの伝統

動画YOUTUBE

 

 歴代で一番小さいともいわれるそのサイズは、本当の意味でのライトウェイとスポーツとして歓迎されるサイズ感ではないかと思われます。

 

 

そのダウンサイジングされたロードスター、今回の発表でわかる範囲で注目したいところはタイヤサイズ。

発表会で展示されたモデルにはヨコハマのADVAN Sports 195/50-16 84Vというサイズのものが装着されています。ヨコハマタイヤのサイトで検索をかけてもこのサイズは該当無しなので専用設計のものだと思われます。

昨今のタイヤサイズの流行でいけば、例えばスズキのスイフトスポーツなど、1.6リッタークラスのスポーツモデルでも17インチが装着されていますが、ロードスターは16インチを採用。そして、ブレーキローターやキャリパーを見る限り15インチホイールでも装着できそうな雰囲気です。

タイヤサイズが大型化するとタイヤ価格は上昇します。スポーツカー向けのハイグリップタイヤではそれは顕著。特にサーキット走行を楽しもうと思えばタイヤは消耗品です。クルマは買ったけどタイヤが高くて買い換えることが出来なければ若年層にはアピールしづらい。しかし、16インチのこのサイズであればそんなに高いということは無いでしょうからスポーツドライビングがもっと身近になります。

また、ダートトライアルやラリーなどで使用するタイヤは15インチで扁平率が60程度が上限サイズなので、ロードスターのタイヤ外径を考えればジャストフィット。

ウワサ通り1500ccで登場すれば、全日本ラリーで言うところのJN1クラスに相当しますから活躍の場も広がりそうです。また、スーパー耐久などではタイヤサイズが指定されてしまうST-5クラスに該当しますが、ここでもこのタイヤ外径はちょうどいいようです。 

 

 

 

ホイールは見たところP.C.D100mmの4穴でオフセットは35くらいでしょうか。デザインや仕様は別として、ホイールのサイズ等は今後発売されるデミオと共通化される可能性もあるでしょう。またこのサイズのホイールはトヨタ、ホンダもラインナップに揃えているので、もしハブ径が現行モデルと同じであるならば、社外品も含めたホイールの選択肢は現行のNCロードスターよりも広がることは間違いありません。

イヤサイズひとつ取ってみても、新型ロードスターはオープンスポーツカーをグッと身近にする魅力的なモデルではないかと思われます。

 

 

 

 

新型NDロードスター     新型NDロードスターの試乗レポート

新型NDロードスター6つのポイントとは   4代目NDロードスターがついに失った3つの伝統

 

  最新ロードスターニュースへ

  

 

 

アクセサリー・カテゴリー   インテリア・パーツ  エクステリア・パーツ